DIY

割れて使えなくなった”鏡”をおしゃれに変身させる方法と寸法図

ファザ夫
ファザ夫
はいさい、ラッキーカントリーのファザ夫です。
今回は割れて使えなくなった鏡をDIYでオシャレに再生させたいと思います
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】14-22 オホーツク産ホタテ玉冷大(1kg)
価格:14000円(税込、送料無料) (2022/10/15時点)

この記事を読んでわかる事

トリマーを使う事により鏡の枠板の加工ができるようになります。
ダメージ加工オシャレなアンティーク調の枠板が作れます。

 

Q:トリマーって何?
A:木材のふち飾り加工、つまりトリミングをするための木工用電動工具です。

 

ドタ子
ドタ子
ドタ子で~す。
では、ビフォーアフターから見ていきまっしょ!

【ビフォー】使えなくなった鏡

割れてしまった古い鏡
(写真はガラスカッターでカットした後)

【アフター】アンティーク調ウッドフレーム

アンティーク調のオシャレなウッドフレームの鏡

作業工程

ファザ夫
ファザ夫
いいですね。オシャレな感じに仕上がりました。
次は作業工程を紹介してまいりましょう!
ドタ子
ドタ子
では、父、よろしくお願いいたします!

◆工程1 ガラスのカット

割れた鏡をガラスカッターでカットしてきれいにします

◆工程2 枠板をダメージ加工

鏡の寸法に合わせて
枠板をカットし、ダメージ加工を施しアンティーク調にします。
次にウォルナット色に塗装します。
(脱衣所の汚くなった棚板を再利用してます)

Q ダメージ加工って何?
A 木材にダメージをあたえてアンティーク調(古材風)に加工する方法です。
エイジング加工という言い方もします。

ファザ夫
ファザ夫
丸のこがあるとDIYのレベルが格段に速く、綺麗に仕上がりますよ!

◆工程3 トリマーで溝堀り

トリマーで鏡の寸法に合わせて溝を掘ります
ストレートビットを使用してイラストの様にカット)
トリマーを使いこなせるようになると、木工DIYに幅がでますよ!

Q ストレートビットっ何?
A トリマーの加工に欠かせないベーシックなビット(電動工具の先端に付けるモノ)です。 溝加工、段欠き加工もできる、とても用途が多いビットです。

◆工程4 背面ベニヤ板のカット

枠板の外側の寸法に合わせてベニヤ板をカットします

◆工程5 組立て

下イメージ図の様に組み立てていきます
トリマーでカットした枠板部分に鏡をはめ込み
鏡を枠板と背面ベニヤ板ではさんでビスで固定します

完成!

【ダメージ加工の方法】

◆塗装の前にダメージ加工で年代風に仕上げてみよう!

木材の上にビスなど硬いモノを乗っけトンカチでトントンしたり

ドライバーで傷つけたり、カンナで角を削ったり何でもOKです

今回使用した工具や材料

【材料】

●枠に使用した材木(何でもOK)
●鏡(今回は割れた鏡を利用、皆さんは飽きてしまった
鏡の縁を外してチャレンジしてもOK)
●スリムねじ

【工具類】

●コードレス丸のこ(マキタ)
●トリマー(RYOBI MTR-42)
●ガラスカッター
●インパクトドライバー(ブラックアンドデッカー)

ファザ夫
ファザ夫
以上、ラッキーカントリーファザ夫でした。それでは、またやーさい(またな!)