MENU
DIY

【動画解説】アミノール糊の作り方(希釈あり)壁紙クロスDIY/ヤヨイ化学

ファザ夫
ファザ夫
ハイサーイ!『ラッキーカントリーの親子DIY』へ
メンソーチ キミソーチ
イッペー ニフェーデービル!
ドタ子
ドタ子
父は、こう言っているようです
『来てくれてメッチャありがとう』って!

 

【解決する悩み】

  • 水で薄めるタイプの糊(ノリ)の作り方がわからない?
  • 初心者は、水で薄めるタイプの糊は扱いづらいか?
  • どのくらいの水で薄めたらいいのか?
  • どのくらいの面積にどのくらいの糊を使うの?

ドタ子
ドタ子
DIY初心者には糊づくりは難しいかな?
安くで済ませたいから、希釈(きしゃく)タイプの糊(のり)を買いたいけど。。。

悩みから解決していくと
結論:クロス貼り初心者でも希釈(水で薄める)タイプの糊は簡単にあつかえます

理由:糊に決められた量の水を入れて混ぜるだけだから

どのくらい混ぜたらいいのかわからない?水の量はどのくらい?といった悩みをこれから表を使って解決していきます!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】14-22 オホーツク産ホタテ玉冷大(1kg)
価格:14000円(税込、送料無料) (2022/10/15時点)

材料

 

【材料】

  • アミノールの糊(希釈タイプ)
  • 細長い容器 
    ※バケツがオススメ

  • (糊1kgあたり、水0.7ℓ)
  • 混ぜるもの
    ※電動ドリル×ペイントミキサー
    (インパクトドライバーだとパワー不足)

【あったら便利なもの】

  • ラップ
    ※混ぜる時糊が飛び散るのでラップでバケツの口を閉じると掃除が楽

【アミノール糊】
楽天https://a.r10.to/hurubj
アマゾンhttps://amzn.to/3PoXRdY

【ペイントミキサー】
楽天https://a.r10.to/hMZ4RN
アマゾンhttps://amzn.to/3w6Wzxj

【電動ドリル】
楽天https://a.r10.to/huojAz
アマゾンhttps://amzn.to/3QGCrdp

【面積当たりの糊の量・水の量】

【解説】
糊のかたまりをある程度ほぐしたら、水を入れて
ペイントミキサーでよく混ぜます。
水は何回かに分けて入れましょう

 

壁紙の施工面積と必要な糊の量の目安

つまり、1㎡あたり100gの希釈タイプの糊を使うよ!水の量は70ml

ドタ子
ドタ子
豆知識!
水1リットルは、1キログラムで同じだよ!

計量カップが無い場合は重量計でも対応できるね☆

 

糊の作り方

 

それでは作り方を見ていきましょう♪

【解説】
使う分の糊を取り容器に移しましょう。
最初は手動で糊の塊をつぶすよ!

ドタ子
ドタ子
容器は細長いのが断然オススメ!混ぜると飛びちっちゃうから。
家は無かったからタライ型の容器を使ったけど(・_・;)

 

 

【解説】
混ぜよう!

ぶっちゃけ糊の作り方は水を入れて、混ぜるの繰り返し!以上!(笑)

ペイントミキサーを使うと楽!

DIYをしてきて強く感じるけど、効率が良くなる道具は買うべし!
前に職人さんと話したらこんなこと言ってた

作業は俺らがやるんじゃなくて、道具がやってくれるんだよ』って
たしかに~って思いましたね!

時間単価を考えると道具を買った方がお得かな?って思う作業にはケチらない方かも!

サラップを使うと糊が飛ばずイライラしないし、お掃除も楽に!

動画で見る

 

【希釈ありの糊】 VS 【ノン希釈の糊】

希釈あり
(水で薄めるタイプ)
希釈なし
(そのまま使えるタイプ)
価格
(18kg:2,691円)
×
(18kg:4,194円)
単価(1kg当たり)
(88円/kg)
糊18kg×水12.6kg⁼30.6kg
×
(233円/kg)
※糊18kg
手間
(10分以上)

(すぐ使える)
使いやすさ
使用期限
(未開封:6ヶ月)

(未開封:6ヶ月)

 

注意事項

  • 希釈した糊は使い切る
    余った場合は、タッパー等蓋で密閉してください。
  • 施工後、3~4日は刺激な空調は避け自然換気してください。
  • 気温5度以下では使用しないでください。
ファザ夫
ファザ夫
以上、ラッキーカントリーファザ夫でした。それでは、またやーさい(またな!)
この記事を書いた人

DIY大好き親子

ファザ夫(父・サラリーマン)&ドタ子(娘・大学生)
そして、愛犬のメッリト!!

築36年のお家をガンガン リノベーション中!

プロフィールはコチラ➤https://www.oyako-diy.blog/profile

ホームへはコチラ➤https://www.oyako-diy.blog/